ホーム

Realizzer Japan

Realizzer 3D のウェブサイトへようこそ!

はじめてRealizzerを知る方のために、まずは簡単にソフトウェアのご説明をします。
Realizzerとは、ステージデザインや照明演出シミュレートのための専用ソフトウェアになっています。
ステージをデザインするための様々なCG素材が入っています。リアルなステージデザインを作成できます。
例えば、トラス、ステージ基礎、照明機器、イスや人物モデルなど、多くの3DCGの素材が含まれています。
Realizzerには4つのバージョンが存在します。BasicProfessionalUltimateStudio 4つです。

ProfessionalUltimateStudioでは、通常の照明、トラスなどのデザインの他に、レーザーと映像(Lasergraph DSPPangolin Support)のシミュレートもできます。

また、3Dモデルをカスタム作成し、20種類以上のフォーマット(OBJ、3DS、DAEなど)でインポート可能です。

Realizzer Studioを始めればフルHDレンダリングの非常に高精な動画として書き出せます。
この3DCGシミュレーションは、ArtNETやSyncroNETなどのDMX対応の照明制御プロトコルで制御することも、USB-DMXインタフェースで直接制御することもできます。

その他の主な効果

  • 移動ヘッド、スキャナー、スポット、LEDのシミュレーション
  • 多様な照明効果(ホイール、プリズム、アイリス、シャッターなど)
  • 幾何補正を用いた映像投影
  • ショーデザインを提示するフルHDで非常に現実的なビデオを作成します
  • DMX制御可能な機械
  • ArtNET&SyncroNET入力(DMX 128ユニバースまで)
  • 使いやすい3Dエディタとユーザーインターフェイス
多種多様な灯体表示

PC内の仮想空間に何百種類もの照明灯体を表示させることが出来ます。それぞれの照明灯体はパン/チルト、ゴボ、エフェクト、プリズム、アイリス、ズーム、カラーミックス(RGBAW, CMY)、各種フィルターなど様々な機能や光の質感を忠実に再現します。

シンプルなパーライトから、スキャナやムービングヘッドのような機構をもつ灯体などの再現が可能です。PC内の仮想ステージをシミュレーション出来ます。

外部フォーマットへの対応

直観的な3Dステージエディター操作により、イメージを即座に修正し、再度モデリングすることが出来ます。

ステージ上に配置する照明灯体の3Dモデリングデータは、外部ソフトウェアで作成されたデータから読み込むことが出来ます。(3DS, OBJ, Collada, など20種類以上のモデリングフォー マットに対応)

映像入力と外部機器接続

各種ビデオファイルやリアルタイムビデオストリ ーミング(外部からの映像入力)を使用することが出来ます。

これらのビデオ素材は、シミュレーションされたLEDパネルなどの投射素材としてシミュレーションでき、さらにジオメトリック補正などに使うことが出来ます。 コンサートステージやイベント、ミュージックフェスティバル、 またビデオマッピングなどの映像表現も可能です。

Realizzer 簡易デモ
推奨動作環境

OS:Windows 8.1以上 / CPU:Core i7以上 / RAM:16GB以上 / GPU:高性能なグラフィックカード( nVidea GTX780以上)/
3GB以上のGPUメモリ( nVidea 1060以上 )  /  その他:SSD搭載を推奨